詳細な解析データを取得できるようになりました。

Facebook ARカメラの解析機能がアップデートされ、より詳細な解析データを取得できるようになりました。
従来はシャッターを押された回数しか取得できなかったんですが、今回のアップデートにより、何回シャッターが押され、何回シェアされ、シェアされた投稿にどれだけ露出があったのかを取得できるようになったので、今後ARカメラでの広告利用がより一層しやすくなります。

以下のデータで分かるのは、ARカメラが15万回シャッター(Captures)が押され、そのうち1万回投稿(Shares)され、合計163万回露出(Impressions)されたことになります。
※まだ開発段階とのことなので、そこまで正確な数字ではないかもしれませんが、大きなズレはないと思われます。

ニュース一覧

Translate »