ARカメラをInstagramのストーリーに掲載するサービス始めます。

  • HOME
  • ニュース
  • ARカメラをInstagramのストーリーに掲載するサービス始めます。

Instagramでフォロワーの多いアカウントのストーリーで下にスワイプを促すよな文字が出ており、スワイプするとブラウザが開き、別のサイトに飛ぶようなリンクを見た方も多いと思います。

あれはInstagramはフォロワーが1万人を超えるとストーリーにURLを掲載することができるようになる機能で、インフルエンサーと言われる方はその機能でお金を商売をしている方も多くおり、フォロワーが1万人を超えると「お金払うからうちの商品宣伝してください!」という依頼が結構来ます。ですのでインフルエンサーと呼ばれる方たちはフォロワーを増やすことに必死です。

Instagramに広告を出せば同じようなことはでき、地域や世代などターゲットを絞れるのはいいんですが、広告の出稿料が必要になります。

私はInstagramのフォロワーが16万人いるので、Instagramに広告料を支払わず、ストーリーにURLを掲載することが可能です。私にARカメラの制作を依頼していただいた方には私のストーリーでARカメラの宣伝致します。
今のところInstagramはベータ版で、自分で制作したARカメラの場合はスワイプするとそのままARが読み込まれる仕様になっていますが、FacebookのARカメラや、別のアカウントで公開されているARカメラの場合、URLを埋め込むことで別アカウントでもARカメラのURLを埋め込むことができます。

今後は私の制作したARカメラであればFacebook、Instagram問わず無償でストーリーに投稿させていただきます。

ARカメラのプロモーションに興味がおありの方はお問い合わせページよりご連絡ください。

ニュース一覧