FacebookのARカメラが画像解析に対応しました。

FacebookのARが画像解析機能が追加され、カメラに何が写っているのかを解析し、インタラクティブなコンテンツを作れるようになりました。
AIが進化し、画像解析が一般的になったことで、FacebookのARカメラでも約40種類の画像を解析しコンテンツを作れます。
今回は指定したモノをカメラが捉えたら文字を出すだけの簡単なデモを制作し、YouTubeにアップしたのでご覧ください。
指定したのは犬、猫、飲み物、雨、車です。「鳥」は指定していないので、文字は出ないようになっています。

ニュース一覧

Translate »