GoogleAnalyticsを使って解析できるようにしました。

 

Facebookでも独自の解析でカメラが使われた回数、キャプチャされた回数、シェアされた回数が計測できますが、使用された地域や画面タップされた回数など詳細な解析できませんでした。
そこで今回GoogleAnalyticsのトラッキングコードをARカメラに埋め込み、JavaScript経由でGoogleAnalyticsにアクセスさせることで、使用された地域やタップ回数など詳細な解析をできるようにしました。GoogleAnalyticsを使用しているのでリアルタイムレポートもできます。
ただしGoogleAnalyticsでは撮影されたカメラのシェア数は解析できません。

今回はテスト用に解析用のARカメラを作りました。
AR機能は何も組み込んでいませんが、カメラ読み込み、画面タップ、ロゴタップを解析しています。

解析には別途プログラムを書く必要があるので、プログラム料金とレポートを提出する場合は、レポート料金が必要ですが、正確な解析をお望みの方は制作の際にご連絡ください。

ニュース一覧

Translate »